« 2015年!お正月! | トップページ | その後の生活 »

ご無沙汰しております。それから…

たいへんたいへんご無沙汰しております。
まさかのお正月以来のアップとなりましたが…

とても残念なご報告がひとつ。

元気が取り柄の我が家の次女のハクが
10月17日20:00頃、月に旅立ちました。

ハクを可愛がってくださったみなさま。
本当にありがとうございました。

Haku1_2

9月に入った頃に口角炎のような症状で受診。
その頃からお水を飲むのが少し下手くそになったり、
食欲が少し落ち始めていました。
よだれが出てるふうでもないし真菌かトレポネーマかも…
ということで投薬をし始めましたが、
急な食欲低下がみられ、そしてどうやら口の中が痛いのかな?
という仕草がみられたので麻酔下で歯の検査をしていただきました。
奥歯が延びて舌に当たり口内炎のような症状になり始めていたとの事。
両奥歯を削っていただき、痛みの原因は取り除きました。
しかし、そのまま食欲低下が戻らずペレットと牧草を拒否。
好きなもの、好きな野菜の生活でしたが、
軟便と体重減少とがみられたので食欲増進の投薬を続けながら強制給餌をおこなうことになりました。
なんとか、自分の好きなものは食べ始めたので一応食滞は大丈夫とのことで
毎日の注射通いは終わりました。
軟便はあるもののあとは食べ物の問題だろうということで、自宅で強制給餌をしながらがんばっていました。
しかし、軟便や食欲不振は強制給餌のストレスだとの意見もあったり、
良くなってほしくてやっていることが逆効果だと指摘をされたり…
ハクとの頑張りは自分自身を苦しめる事にもつながっていきました。

ただ「元気になってほしい」と望む事だけで一生懸命。
ハクはどうしたいのかを感じ取れないかともがきました。
セカンドオピニオンをお願いしたり、いろいろな情報を得たり、ベテランさんのお話を伺ってみたり。

たくさんたくさん頑張りましたが、
とうとう、「これはもう無理だろう」という下痢が治らなくなり、
おしりを洗ってあげてたら悲鳴をあげられてハッとしました。
私は「もうどうしていいのか分からないし自分がどうしたいのかも分からない」と夫に訴えました。
「もう腹をくくる時なんじゃないか」と静かに諭されました。
男の人はいつでも客観的で冷静です。

いつの頃からか薄々は分かっていた気がします。
でもそれを表に出してしまうと現実になってしまうのが怖かった。
ただただ、ハクを失うのが怖かった。
だから、ハクの嫌がることをたくさんしてしまった。ごめんね。

私たちはハクの嫌がることを全て止める決心をしました。
お薬も強制給餌も通院も。
美味しいジュースを飲んでもらったり、たくさん撫でさせてもらいました。
汚れたシーツはまめに取り返させてもらいました。
ふわふわのティッシュで痛くないようにしました。

特に私は随分と遠回りをした気がします。
私に付き合ってくれたハクにとても感謝しています。

最期の日は残業の夫の帰宅を待ちわびて、
そして玄関の前に帰ってきたことを声にならない声で私に教えてくれました。
彼が鍵を開けるより早く私がドアを開き、
はやくはやくとハクのもとへ走りました。
「お父さん帰ってきたよ。待ってたよね。おりこうやったね。もういいよねんねしてね。ねんねよ。」
ハクは頭を撫でてあげると最後の力を振り絞って細かく息を吐きながら静かに息をひきとりました。

少し寂しいけれど、強さをもらいました。
幸せと癒しと温かさをいっぱいもらいました。

私は供養と恩返しにたくさん笑っていようと思います。
うちの子になってくれて本当にありがとうね。

7歳と10ヶ月。
もうちょっと長く一緒にいたかったけれど、
さよならの時を静かに受け入れようと思います。

にほんブログ村 うさぎブログ レッキス・ミニレッキスへ
  ↑↑↑please… click!!! ぐぅちゃん9歳バリバリ元気です!

|
|

« 2015年!お正月! | トップページ | その後の生活 »

うさぎ」カテゴリの記事

コメント

ハクさんは人間で言うと63歳なんだね。
63歳で亡くなるって想像すると、まだまだ若いのになと最近の老人と比較すると思うけど
もし自分が63歳まで生きられたら、がんばったな、いっぱい生きることができたなーと思う。

ずっと一緒にいたいけど、それはなかなか難しいもんね。
でもきっと、最後の最後まで大好きな人たちと一緒にいられて
大好きな人に頭を撫でてもらえて
うさぎとして生まれてきたこともなかなかいいもんだったわって今頃ハクさんは思っているんだろうなと想像します。

お疲れ様、ハクさん。
お疲れ様でした、oppoさん。

投稿: 旦那はつるっぱげ | 2015.10.31 18:21

♪だんつるさん

お久しぶりです。
もう涙も枯れ果てて出ないと思ってたけれど、優しい言葉をいただくとやっぱり出ちゃいますね。
ハクもそう思っててくれてると本当に嬉しい。
ありがとうございます。

ハクは人の心を鷲掴みにするポイントを心得ていた子だった気がします。私たちの後悔の無いようにいろんなことを繋げていってくれました。

ぐぅが癒し係としてマイペースでやってくれています。また、モグたんにも癒されに伺いますね。

ハクに優しいお言葉を本当にありがとうございました。

投稿: oppo | 2015.11.02 12:40

oppoさん、ご無沙汰してます
自分のブログのコメントに気付き、こちらにもお邪魔してら…

ハクちゃんがお月様に行っていたなんて。。。
私まで涙が止まりません。
どうにか元気になってほしくて、あれこれ一生懸命になる気持ちわかります。
ハクちゃんもそれに精一杯答えようとしていたけど、ゆっくり休みたくなったんですね。
どの程度治療を続けるかは飼い主さんの考え次第だと思います。
でも、おしりを洗ったときの悲鳴、ハクちゃんの気持ちに耳を傾け理解し、残りの時間を穏やかに過ごさせてあげれたoppoさんはとてもハクちゃんを愛していた良いママだと思います。
だから、ハクちゃんもお月様に向かう時は、お礼言いたくてママとパパ2人が揃ってからさよならしたんじゃないかな?

お月様に帰った悲しい記事だったけど、パパを待っていたハクちゃん。
愛情たっぷりで育てられたことが感じられる温かい記事にも感じました。
長々自分の気持ちにを書き込み、失礼しました。
ハクちゃんのご冥福をお祈りいたします。

投稿: cyunta | 2015.11.17 15:31

cyuntaさん

コメントに気づくの遅くなりすみません。
ハクのために涙を流してくれてありがとうございます。
たくさんの方に愛されて、とても幸せな子だったと思います。

うさぎにこんなに愛情を注げるなんて発見ですよね。ハクがいい子ちゃんだったおかげだと心の底から思います。

私のところに来てくれてありがとう!です。

日毎に悲しみは癒えていき、寂しさも和らいでいますがそれはゼロになる事はありませんね。やっぱり。
でも、それも含めて私の人生に意味のあるものを身を呈して捧げてくれたハクにただただ感謝です。

次郎くんもお元気かな?
たくさんたくさん元気で長生きして欲しいよね!

投稿: oppo | 2015.12.07 14:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2015年!お正月! | トップページ | その後の生活 »